オススメの無料資料請求サイトBest3!

【完全保存版】よくある失敗は?新築コンセントの後悔ポイント8選!

当サイトには広告を掲載しています。

このような方にオススメの記事です
  • 注文住宅のコンセントで失敗したくない
  • コンセントの設置場所について詳しく知りたい
  • 実際に家を建てた人の感想を知りたい

便利な生活家電が増えたことにより、新築建築時のコンセントの配置計画の重要性は高くなっています。

しかし、コンセントを適切に配置することはプロでも難しく、新築時の後悔としてよく取り上げられてしまいます。

この記事では、新築建築時のコンセントの配置に関する【よくある後悔・失敗】について解説いたします。

他の人の後悔や失敗を避けることで、満足度の高いコンセントの配置にすることができるので、ぜひ参考にしてみてください。

コンセントは壁に石膏ボードを貼る前なら増設や位置の変更が容易にできるので、既に設計が終わっているという方も諦めずに位置の変更を検討してみてください。

【PR】インズウェブ

「火災保険ってなんだかよく分からないし、比較するのがめんどくさい」

保険料は安く抑えたいけど、何社も比較するのはめんどくさいという方には、累計1000万人以上が利用した、保険の窓口インズウェブの運営する火災保険一括比較サービスがオススメです。

登録はネットからわずか3分で完了し、最大17社の保険を比較することができます。

画像はインズウェブ公式HPより

インズウェブの火災保険一括見積りサービスでできること

  • 複数の火災保険を一括比較できる
  • 地震保険についても一括比較できる
  • 保険のプロに無料で質問・相談できる

火災保険は同じような補償内容でも契約する商品によって数万円単位で差が生じる場合があります。損はしたくないけれど、自分で保険の窓口まで足を運ぶのは面倒という方にはオススメのサービスです。

\ 完全無料・登録わずか3分/

目次

コンセントの種類に関する後悔ポイント

コンセントの種類をきちんと選べばよかった

住宅で使用されるコンセントは2口コンセントが一般的ですが、実は様々な種類のコンセントが存在しています。

コンセントの種類を選ぶにはまず、それぞれのコンセントの特徴を知っておくことが大切です。

種類特徴希望小売価格
(税抜)

シングル
コンセント
差込口が一つ
使用用途が限定されている場合に利用
175円

ダブル
コンセント

差込口が二つ
最も一般的に利用される
360円

トリプル
コンセント
差込口が三つ
家電の位置が集中している場合に利用
470円

マルチメディア
コンセント
テレビやネットワーク用のコンセントもまとめたもの
主にテレビ用に利用される
5,300円

センサーライト付
コンセント
センサーが反応し、ライトが点灯するもの
廊下などに利用される
5,500円

フロア
コンセント
(ポップアップ型)
床に設置
ボタンを押すとコンセントが飛び出す
収納型と比べ、抜き差ししやすい
5,800円

フロア
コンセント
(収納型)
床に設置
プラグが収納されるので見た目にスッキリする
ポップアップ型と比べ、抜き差ししづらい
8,350円

埋込[充電用]
USBコンセント
充電用にUSBが利用できる
直接USBが使えるのでコンセント周りがスッキリする
9,300円
コンセントの比較(画像はPanasonic公式HPより)
価格を比較した製品の詳細情報はこちらからチェック

メーカー名:Panasonic製

シングルコンセント詳細:コスモシリーズワイド21絶縁枠(引用元

ダブルコンセント詳細:コスモシリーズワイド21絶縁枠(引用元

トリプルコンセント詳細:コスモシリーズワイド21絶縁枠(引用元

マルチメディアコンセント詳細:コスモシリーズワイド21(引用元

センサーライト付コンセント詳細:コスモシリーズワイド21かってにナイトライト(引用元

埋込[充電用]コンセント詳細:埋込充電用USBコンセント2ポート(引用元

フロアコンセント(収納型)詳細:住宅用フロアコンラウンド(引用元

フロアコンセント(ポップアップ型)詳細:住宅用F型アップコン丸型(引用元

引用元:Panasonic公式HP 

コンセントの種類について知っておくことで、口数が不足することを回避できたり、機能的なコンセントを活用することができます。

それぞれの使用目的に合ったコンセントを選択することが重要です。

フロアコンセントをつけたら床下からの冷気が冷たかった

フロアコンセントを設置した場合によくある後悔のひとつです。

フロアコンセントを設置すると床下からの冷気が室内に入ってきてしまう可能性があります。

ダイニングテーブルの足元が寒いとストレスに感じますので、設置する際は発砲ウレタンを吹き付けるなど冷気対策をお願いするのがオススメです。

フロアコンセントをつけたら椅子が当たって座りづらくなった

テーブルで使用する家電用にフロアコンセントを設置する場合には、注意が必要です。

テーブルや椅子の配置に注意していないと、フロアコンセントの蓋が椅子に当たってしまい、座りづらい状況になってしまう可能性があります。

フロアコンセントを設置する場合はテーブルや椅子の配置を決めて、干渉しない位置に設置するのがオススメです。

コンセントの数や配置に関する後悔ポイント

コンセントの数が足りなかった

コンセントの数が足りなかったという後悔は、家づくりの中でよくある後悔のひとつです。

コンセントの数が足りないと延長コードで遠くのコンセントから引っ張ってきたり、電源タップで口数を増やす必要があり、見た目が良くないだけでなく、タコ足配線による火災リスクも高まります。

コンセントが不足してしまわないようにするには、設計の段階で具体的にどこでどのような家電を使用するのか、あらかじめ決めておく必要があります。

サク

具体的な方法については別記事で紹介していますので、参考にしてみてください。

コンセントの具体的な設置場所の検討方法について↓↓

【コンセント】どこに必要?新築にあると便利な設置場所17選!

使わないコンセントをつけてしまった

何となく「ここでも使うかも」という理由でつけたコンセントに関しては全く使われることのないコンセントになってしまう可能性があります。

コンセントの増設費用の目安は1カ所あたり1万円程度必要となるので、少しでも費用を抑えたい方はきちんと検討しておくことが重要です。

サク

わが家の使われることのなかったコンセントに関しては別記事で紹介していますので、参考にしてみてください。

家電とコンセントの距離が遠く、コードが目立つ

使いたい家電とコンセントの距離が離れている場合、コードが目立ってしまう場合があります。

特にリビングの中央付近で使用することの多い、電気カーペットやこたつの電源には注意が必要です。

極端に離れていると見た目が悪くなるだけでなく、コードに足を引っかけてしまう可能性があります。

壁面から離れた場所で使用する家電について、具体的にどこのコンセントを使用する予定なのか確認しておくようにしましょう。

コンセントを見えないように工夫すればよかった

差しっぱなしにするコンセントについては、見えない位置に配置することで、見た目をスッキリとすることができます。

見えないようにしたいコンセント例

  • エアコンのコンセント
  • トイレのコンセント
  • 冷蔵庫のコンセント

白いコンセントカバーが目立ってしまう可能性があるので、濃い色のアクセントクロスを使用した壁面には特に注意が必要です。

わが家の失敗例

トイレのコンセントの場合、便座のちょうど背面側に配置することで、見た目がスッキリとします。

わが家の失敗例

冷蔵庫のコンセントの場合は冷蔵庫と同じ程度の高さで、背面側に配置することでコンセントが目立ちづらくなります。

わが家の失敗例

エアコンのコンセントの場合はエアコン上の天井にコンセントを配置することで、見た目がスッキリとするのでオススメです。

差しっぱなしになるコンセントについては、配置を工夫して目線に入らないようにしておきましょう。

家電が使えない位置にコンセントをつけてしまった

コンセントの配置を決めるまでに使いたい家電が具体的に決まっていないと、結果的に使えないコンセントになってしまう可能性があります。

特に使用目的が限定されるコンセントには注意が必要です。

わが家の場合、脱衣所に壁かけ扇風機用コンセントをつけたのですが、なるべく扇風機が目立たないようにと、天井の近くにつけたのですが、これが失敗でした。

サク

扇風機を取りつけようとしてみると、首が予想以上に下を向いてくれないのです。

結局別の場所に取りつけたため、このコンセントは一生使われることのないコンセントになってしまいました。

新築で使いたい家電は、できるだけ設計段階で購入しておくのがオススメです。

まとめ:みんなの後悔を活かして、理想的な新築を手に入れよう

コンセントは快適な居住空間を計画する上で、大切な設備のひとつです。

ですが、具体的な配置についてイメージするのが難しく、後悔や失敗につながりやすい設備でもあります。

後悔のないコンセントの配置にするには、既に新築を建てた人の後悔ポイントを自分の家づくりに活かすのがオススメです。

コンセントの設置計画は家電の配置場所や室内の景観に大きく影響します。

「みんなの後悔」を家づくりに活かして、理想の家づくりに役立ててみてください。

後悔のない家づくりにする方法を知っていますか?

「家は3回建てないと理想の家にはならない」

本当にそうでしょうか?

工務店、土地、間取り、住宅設備などに関する後悔のどれもが、事前に知っていたら回避できたはずです。当サイトは「家づくりで後悔する人を減らしたい」というコンセプトの実現を目指して、日々情報を発信しています。

実際に自分が家を建ててみて、理想の家を手に入れるためには、何よりも情報収集が重要だと強く実感しました。

サク

当サイトを通じて、何かひとつでも皆様の家づくりに関する後悔がなくなれば、幸いです。

【当サイトオススメ】無料で利用できるサービスのご紹介

後悔のない家づくりにするために、無料で利用できるオススメのサービスを家づくりの工程ごとにまとめました。

ステップ①土地、工務店を検討中

【PR】タウンライフ

「家づくりって、何から始めればいいの?」

初めての家づくりで、具体的に何から手をつけたらいいのか分からないという方には「タウンライフ家づくり」という無料サービスがオススメです。

画像はタウンライフ公式HPより

ネットからたった3分で簡単に登録でき、土地探しや工務店・ハウスメーカー選びなどのサポートを無料で受けることができます。

タウンライフ家づくりでできること

  • 希望に合わせた間取りプランがもらえる
  • 見積りが複数社からもらえる
  • 土地探しに関する情報がもらえる
  • 一括請求で複数社からカタログがもらえる
  • 家づくり計画書がもらえる

タウンライフ家づくりは日本全国1,060社以上の厳選された住宅メーカーから比較できるので、どの地域にお住まいの方でも参考になる情報を得ることができます。

画像はタウンライフ公式HPより
サク

サービスを利用してみましたが、悪質な営業もなく、間取りの事例など有益な情報を得ることができましたよ。

オリジナルの間取り案を作成してくれるサービスも無料で活用できるので、家づくりの第一歩として、オススメのサービスです。

\ 完全無料・簡単登録/

ステップ②住宅ローンの借り入れ先を検討中

【PR】モゲチェック

「住宅ローンって、どこで借りるのがお得なの?」

工務店やハウスメーカーが決まったら、次は住宅ローンの借入先を検討しなければなりません。住宅ローンは借入額が大きいため、金利差によって支払う金額が数百万単位で違ってしまいます。

試しに住宅保証機構株式会社の住宅ローンシミュレーションにて4千万円の借入シミュレーションを行ってみた結果、金利が0.5%違うだけで総額380万円以上の差がありました。

画像は住宅保証機構株式会社公式HPより

安く住宅ローンを借りるためには、可能な限り多くの借入先を比較する必要があります。借入先の比較には20万人以上が利用したモゲチェックの提供しているモゲレコ®というサービスがオススメです。

画像はモゲチェック公式HPより

モゲレコ®なら、たった5分の登録で、複数の銀行を比較できるので、手間が少なく、効率的に安い借り入れ先を探すことができます。

モゲレコでできること

  • 複数の銀行を一括比較できる
  • 住宅ローンの審査申込ができる
  • 住宅ローンのプロに無料で質問・相談できる
画像はモゲチェック公式HPより

銀行の窓口に行くよりも、短時間で手間なく安い銀行を探すことができるので、オススメのサービスです。

\ 完全無料・登録わずか5分/

ステップ③間取りを検討中

後悔のない家づくりにするのは「他の人の家づくりに関する後悔を避けること」が大きな鍵になります。当サイトでは間取りや住宅設備ごとの家づくりに関する後悔情報を網羅的にまとめています。

ホーム画面から様々な家づくりに関する後悔情報を探すことができますので、ぜひ参考にしてみてください。

\ 有益な情報満載・簡単検索/

ステップ④火災保険を検討中

【PR】インズウェブ

「火災保険ってなんだかよく分からないし、比較するのがめんどくさい」

保険料は安く抑えたいけど、何社も比較するのはめんどくさいという方には、累計1000万人以上が利用した、保険の窓口インズウェブの運営する火災保険一括比較サービスがオススメです。

登録はネットからわずか3分で完了し、最大17社の保険を比較することができます。

画像はインズウェブ公式HPより

インズウェブの火災保険一括見積りサービスでできること

  • 複数の火災保険を一括比較できる
  • 地震保険についても一括比較できる
  • 保険のプロに無料で質問・相談できる

火災保険は同じような補償内容でも契約する商品によって数万円単位で差が生じる場合があります。損はしたくないけれど、自分で保険の窓口まで足を運ぶのは面倒という方にはオススメのサービスです。

\ 完全無料・登録わずか3分/

後悔ZEROの家づくり研究所
サイト運営者 サク
当サイトは【家づくりで後悔する人を減らしたい】という思いで、家づくりに関する後悔情報を中心に配信しています。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次