オススメの無料資料請求サイトBest3!

【完全保存版】よくある失敗は?新築の太陽光発電に関する後悔ポイント3選!

当サイトには広告を掲載しています。

この記事はこのような方にオススメ
  • 新築に太陽光発電って必要?
  • 太陽光発電を採用する知っておいた方がよいことってあるの?
  • 実際に家を建てた人の感想を知りたい

電気料金の高騰により再注目されている「太陽光発電」

初期費用の高さや設置費用の回収(元をとる)までに時間がかかることなどから、結局どうしたらいいのかわからず、結果的に設置を見送るという方も多いのではないでしょうか。

この記事では、新築の太陽光に関する【よくある後悔・失敗】について解説いたします。

他の人の後悔や失敗を避けることで、大きな損失を避けることができるので、ぜひ参考にしてみてください。

【よくある後悔・失敗について】からチェックしたい方はこちらからスキップ

【PR】インズウェブ

「火災保険ってなんだかよく分からないし、比較するのがめんどくさい」

保険料は安く抑えたいけど、何社も比較するのはめんどくさいという方には、累計1000万人以上が利用した、保険の窓口インズウェブの運営する火災保険一括比較サービスがオススメです。

登録はネットからわずか3分で完了し、最大17社の保険を比較することができます。

画像はインズウェブ公式HPより

インズウェブの火災保険一括見積りサービスでできること

  • 複数の火災保険を一括比較できる
  • 地震保険についても一括比較できる
  • 保険のプロに無料で質問・相談できる

火災保険は同じような補償内容でも契約する商品によって数万円単位で差が生じる場合があります。損はしたくないけれど、自分で保険の窓口まで足を運ぶのは面倒という方にはオススメのサービスです。

\ 完全無料・登録わずか3分/

目次

【太陽光発電とは?】知っておきたい基礎知識

太陽光発電とはその名のとおり、太陽光の力によって発電することです。発電中にco2や有害物質を排出しないため、再生可能エネルギーのひとつとして広く普及しています。

【基礎知識①】太陽光発電による現在の売電価格と売電価格の傾向について

太陽光発電によって発電した電気は2012年度に開始したFIT制度(固定価格買取制度)により、国が定めた価格(価格は年度毎に見直されます)で電力会社に売電することができます。

サク

一般家庭の場合、売電できるのは「余剰電力分」のみとなる点にはご注意ください。

2024年度(令和6年度)の売電価格

発電量金額
10kW未満16円/kWh(税込み)
10~50kW未満10円/kWh(税抜き)
50~250kW未満9.5円/kWh(税抜き)
出典:経済産業省 資源エネルギー省HP

平成27年(2015年)時点の売電価格と現在(令和6年)時点での価格を比較すると半値以下となっており、売電価格は下落傾向にあります。

売電価格の下落の主な要因は「設置コストの低下」にあります。

住宅用太陽光発電の新築時にかかるシステム費用(工事費+設備費)は平成27年(2015年)時点で1kwあたり35.8万円だったものが、令和6年現在は1kwあたり28.8万円まで下落しています。(出典:経済産業省 資源エネルギー庁『太陽光発電について』)

国によって定められる売電価格は発電設備の導入にかかる費用や維持管理にかかる費用などをもとに、設置者が一定のメリットを得られるように設定されるため、設置コストの低下を理由に売電価格も下がっている傾向にあります。

【基礎知識②】太陽光発電の発電量と金額の目安について

一般的な住宅の屋根に設置する太陽光発電の全国的な平均積載量は4~4.5kwといわれており、4.5kwのソーラーパネルを設置した場合、年間で約4500kWh程度の発電量を見込むことができます。

日照時間や気候等の条件により、設置場所により発電量が異なる点にはご注意ください。

1kWhあたりの電気料31円(税込)【全国家庭電気製品公正取引協議会が「新電力料金目安単価」として示している価格(令和4年7月22日改定)】から算出すると年間約14万円分の電気を発電できる計算となります。

サク

単純計算すると10年間で約140万円分の電気を発電することが可能です。

横ばいだった電気料金は2020年以降、上昇傾向にあるため、太陽光発電によるメリットは今後大きくなっていくことが期待できる状況にあります。

出典:経済産業省 資源エネルギー庁『太陽光発電について』

【基礎知識③】太陽光発電設備の耐用年数(寿命)について

太陽光発電設備は複数のパーツから構成されていますが、発電機能に直接かかわる重要な設備は、「太陽光パネル」(太陽電池モジュールと呼ばれることもあります)と「パワーコンディショナ」の2種類です。

出典:Panasonic公式HP

太陽光パネルの寿命の目安は20~30年程度

太陽光パネル自体の寿命は長く、目安としては20~30年程度の長期間で使用することが可能です。20年~30年という長い年月によりパネル自体が経年劣化し、徐々に発電量が低下していきます。

発電量の低下は20年間の稼働で10%程度出力が低下する程度といわれており、発電量の低下については大きな影響はないので、メンテナンス次第で20年~30年と長く使っていくことが可能です。

豆知識

太陽光パネルに関する国内メーカーの多くは、「発電保証」と呼ばれる保証がついています。一般的な発電保証の期間は、20~25年間で、最大出力の約80%を保証してくれます。

パワーコンディショナの寿命の目安は10年から15年程度

パワーコンディショナの寿命の目安は一般的な電化製品と同じ、10年から15年程度といわれています。

パワーコンディショナは太陽光発電で生成された直流電気を家庭で使用できる交流電気に変換する装置なので、壊れた場合はすぐに交換する必要があります。

経済産業省 資源エネルギー庁によると、一般的なパワーコンディショナの平均交換費用は「29.2万円程度」と解説されています。(出典:経済産業省 資源エネルギー庁『太陽光発電について』)

豆知識

パワーコンディショナの保証に関しては、補償期間の短い単体での補償だと1年だけというものもありますが、無償で5年~10年間保証されるものが一般的です。メーカーによっては有償で保証期間を延長できるものもあるため、事前に販売店に確認しておくのがオススメです。

それぞれの耐用年数を理解し、10年以上の長期目線で収支のシミュレーションする場合は、パワーコンディショナの交換費用や保証についても考慮しておくことが重要です。

太陽光発電に関する後悔・失敗ポイント3選!

最終的に収支がマイナスになってしまった

太陽光発電を設置する主な目的は「投資」「災害時の備え」であり、基本的には収支をプラスにしたいという方が多いのではないでしょうか。

せっかく投資目的で設置した太陽光発電の収支がマイナスになってしまっては元も子もありません。

太陽光発電で収支をプラスにするための3つのポイント

太陽光発電にて発電した電気の売電単価は制度で決まっており、高く売るということはできません。

10年間の固定買取期間を過ぎた後は、電力会社と売電契約を結んで販売するようになりますが、基本的には固定買取金額を下回る金額となります。

そのため太陽光発電で、収支をプラスにするためには以下の3つのポイントについて注意しましょう。

収支をプラスにするためのポイント

  • 発電量をなるべく増やす
  • 維持管理コストを安く済ませる
  • 初期費用を安く済ませる
ポイント① 発電量をなるべく増やす

太陽光発電は設置する場所や屋根の型などの条件により、発電量が大きく異なります。

太陽光の発電量を増やすためには、真南側の屋根にパネルを設置し、なるべく長時間日光が太陽光パネルに当たるように設置するのが基本です。

実際に自分の家でどれぐらいの発電量を見込めるか確認するためには、太陽光発電の販売、設置業者に現地調査をしてもらい、シミュレーションを作成するのがオススメです。

サク

シミュレーション結果についても、業者ごとにバラつきがあるため複数社に依頼するようにしましょう。

現地調査や収支シミュレーションの作成を依頼するなら「タイナビ」がオススメです。

タイナビなら全国350社以上の厳選された優良企業から、最大5社まで見積りやシミュレーションを依頼することができます。

累計13万人の利用実績があり、顧客満足度も98%ととても高いサービスなので、安心して利用できます。

\ 完全無料・ネットで楽々/

ポイント②維持管理コストを安く済ませる

収支を計算する上で忘れてはいけないのが「維持管理コスト」です。

メンテナンスを行わなかったことが原因の火災などの事故が相次いだため、2017年に改正されたFIT法で設置容量10kW未満の太陽光発電にもメンテナンスが義務付けられました。

太陽光のメンテナンスは一般的には購入先の販売会社に依頼するケースがほとんどです。

しかし、メンテナンスを専門で請け負っている会社もあり、販売会社のメンテナンス費用よりも安価になる場合があるので、見積りをとって比較することが大切です。

ポイント③ 初期費用を安く済ませる

太陽光発電で早く元を取りたいなら、高額な初期費用をいかに安く抑えられるかが重要なポイントになります。

初期費用を安く抑えるためには、「補助金の活用」「業者選定」が重要になります。

補助金の活用について

現在、太陽光発電設備設置のための国の補助金はありません。

しかし、各自治体によっては独自の補助制度を設けている場合があるため、建築予定地の自治体に問い合わせしてみましょう。

サク

補助金を活用するなら、自治体の予算がつく年度初めの4月頃の申請がオススメです。

業者選定について

太陽光発電設備の設置費用は先述したとおり、低下傾向にありますが、同じような設備でも設置業者によって100万円以上金額が異なる場合もあります。

業者を選定する場合は、なるべく多くの優良な会社から見積りをとって比較することが重要です。

複数社から手軽に見積りをとるなら「タイナビ」がオススメです。

タイナビなら全国350社以上の厳選された優良企業から、最大5社まで見積りを依頼することができます。

ネットから一括で依頼できるので、手間なく申し込みすることができます。

\ 満足度98%・利用者数13万人以上/

蓄電池をつければよかった、つけなければよかった

蓄電池とは太陽光で発電した電気や、購入した電気を貯めておき、夜間や停電時などに使うことができる装置です。蓄電池をうまく活用できるどうかは、生活スタイルによって大きく異なるため、設置するかどうか意見が分かれます。

蓄電池のメリットとデメリット

メリットデメリット
電気代が安くなる
停電時に電気が使用できる
初期費用が高額
蓄電できる容量が限られる
経年劣化してしまう

蓄電池を設置する主なメリットは電気代を安くすることができる点にあります。

通常、余った余剰電力は電力会社に売電することになりますが、蓄電池があれば、余った電力を溜めておくことができます。

発電できない夜間に溜めておいた電気を使用することで、電気会社から買う電気量を少なく抑えられるため、電気代を安くすることができます。

サク

電気料金(31円/kWh)>売電価格(16円/kWh)の差がポイントです。

一方で蓄電池を設置する主なデメリットは初期費用が高額な点にあります。

蓄電池の価格はメーカーや蓄電容量によって異なりますが、一般家庭でよく利用される5~6kWh程度の蓄電容量の製品の価格は100万〜250万円程度になります。

仮に100万円の投資分を蓄電した電気代で元を取ろうとすると、およそ7.7年分の電気を蓄電池を活用して使用する必要があるため、元をとることは容易ではないでしょう。

上記数値(7.7年分)算出に関する計算式について

100万円分の電気量=100万円÷31円≒32,258kWh

32,258kWh ÷4,200kWh(1世帯の年間電気消費量)≒7.7年

蓄電池はどのような人にオススメ?

蓄電池の設置を検討したい人

  • 夜間の電気消費量が極端に多い人
  • 停電時でも電気を使用したい(しないと生活できない)人

夜間の電気消費量が多い人は蓄電池を設置して、初期投資額を回収できる可能性があります。例えば年間を通してエアコンを使用したい家庭などの場合は、蓄電池の設置を検討してみるのがオススメです。

また、オール電化住宅の場合、停電時にはコンセントを通して電気を使用する家電が使用できなくなってしまいます。投資目的でなく、災害時の備えとして電気を使用できる環境を整備しておきたい方にも蓄電池はオススメです。

蓄電池は科学の進化に伴い、少しずつ値段が下がってきているとはいえ、まだまだ高額な製品です。国や自治体が補助金を出していますので、蓄電池の導入を検討する際は補助金の活用を積極的に検討するようにしましょう。

自然災害時の破損について、備えておけばよかった

太陽光発電設備には基本的に最低10年間のメーカー保証がついています。

しかし、その保証内容は製造上の問題による故障や、通常使用においての故障に対する補償であり、基本的に自然災害による損害はメーカー保証の対象外となります。

太陽光発電設置は高額な設備なため、自然災害を想定せずにいると、豪雨や台風の影響により、破損してしまった際に高額な修理費用が必要となり「保険に入っておけばよかった」と後悔してしまう可能性があります。

太陽光発電設置に関する自然災害への備えについて

自然災害への備え

  • 住宅用火災保険で備える
  • メーカーによる有償オプションで備える
住宅用火災保険で備える

太陽光発電設備は住宅用の火災保険の補償内容に含めることができ、「建物」もしくは「家財」として保険をかけるようになります。

どちらの保険対象になるかは、主にそれぞれの所有者によって異なり、建物と太陽光設備の所有者が同一の場合は、「建物」の保険対象に含まれます。

一方、建物と太陽光設備の所有者が異なる場合で、建物に住居部分があり、生活用として使用されている場合(専用住宅、併用住宅)は、「家財」の保険対象です。

太陽光発電設備について火災保険で備える場合は、保険金額を設定する際に、太陽光発電設備の再設置費についても考慮するようにしましょう。

メーカーによる有償オプションで備える

基本的なメーカー保証には自然災害に対する保証はついていませんが、選択するメーカーや設置業者によっては有償で「自然災害補償」を追加することができる場合があります。

自然災害補償を追加することができる場合は、追加によるコストと火災保険に追加するコストを比較して、より安価な方を選択するのがオススメです。

メーカーや設置業者を選定する際は、自然災害に対する補償の有無についても確認するようにしましょう。

太陽光発電にオススメの比較サイト3選!

太陽光発電の設置を検討する際は、なるべく多くの施工業者を比較して、検討することが最重要です。

そこで、オススメの比較サイトについて紹介します。

比較サイト提携
業者数
見積り
社数
利用者数提携
業者審査

タイナビ
【申込先】
350社
以上
最大
5社
13万人
以上
あり

ソーラーパートナーズ
【申込先】
600社
以上
最大
3社
10万人
以上
あり

グリエネ
【申込先】
450社
以上
最大
5社
10万人
以上
あり
各比較サイトの特徴

【オススメ度No.1タイナビ】全国の厳選された優良企業から最大5社を一括比較!

出典:タイナビ公式HP

太陽光発電設備の一括見積りサイトの中で、最もオススメなのが「タイナビ」です。

タイナビなら最大5社までの見積り依頼ができるので、業者同士の価格競争が生まれ、設置費用を安く抑えることができます。

今回オススメしているサイトの中で最多の13万人以上の利用実績があり、顧客満足度も98%ととても高いサービスなので、安心して利用できます。

タイナビが選ばれる理由

  • 最大5社まで一括見積りが可能
  • 豊富な利用実績があり安心
  • 顧客満足度が高い
  • メディア掲載実績が豊富で信頼性が高い
  • 10年以上の実績がある会社

タイナビに関する【口コミ】

一括見積りは価格の交渉がしやすいし、競争原理が働くから業者も価格を下げることに熱心。私はなんと100万円も安くなりました。タイナビはメリットが沢山でオススメです!

タイナビから5社紹介してもらって、うち4社が最初に見積もりを取った企業よりも安かった!おかげさまで「ここだ」と思える企業を見つけることができました。

(口コミの引用元:タイナビ公式HP)

【オススメ度No.2ソーラーパートナーズ】全国600社以上の厳選された優良企業から一括比較!

出典:ソーラーパートナーズ公式HP

ソーラーパートナーズは今回オススメしているサイトの中で提携している業者数が最多の一括見積りサイトです。

しかも、提携業者は、審査通過率9.8%の厳しい審査を通過した優良施工会社のみを厳選しているため、安心してサービスを利用することができます。

7つの厳しい審査基準

  • 販売から施工、アフターフォローまで自社で一括施工
  • 複数メーカー(3メーカー以上)から提案できる
  • 施工実績100棟以上
  • メーカー保証・工事保証に対応
  • 建築関連法規、消費者契約法等の処罰実績がない
  • 現場経験5年以上の現場監督が在籍している
  • 第2種電気工事士以上の資格保有者が在籍している

さらに、より安心してサービスを利用できるようにソーラーパートナーズでは「イエローカード制度」を導入しており、業者からのしつこい勧誘や押し売りなどを厳しいく禁止しています。

イエローカード制度とは?

対応する施工会社から過度な営業行為や失礼な対応があった場合などに、サイト元に申し出ることで施工会社を変更してくれる制度です。その後、サイト元から施工会社はペナルティが与えられます。

少し残念なポイントは見積り依頼できる会社数が3社と他のサイトより少ない点ではありますが、利用者が安心して申し込みできる点に注力しており、ネット申込が不安な人にはオススメなサービスです。

ソーラーパートナーズに関する【口コミ】

最初は半信半疑の状態で話を聞き紹介して頂きましたが結果良かったと思っています。相見積もりは必ずしてもらったほうが良いです。数十万の差があり内容も価格もベストな企業を選ぶことができたと思っています。こちらの会社を通す事で自分では見つけられない良い企業を紹介してもらえたと思います。
中には我が家には太陽光をお勧めしないと言う企業もあり一理ある意見ではありましたがそれを覆す提案をしてくれた企業に決めました。

良い企業を紹介して頂きありがとうございました。

訪問販売の金額よりも凄く安くなり、良い使用方法の提案をされ、毎月の支払いが減りました。
たまたま、ソーラーパネルを取り付けた業者でした。ありがとうございました。

迅速な対応で、事前の打ち合わせで要望を把握して、質問にも丁寧に対応してくれました。紹介してくれた2社とも良い会社さんでした

(口コミの引用元:ソーラーパートナーズ公式HP)

\厳しい基準で安心・業者数最多/

【オススメ度No.3グリエネ】カスタマーサポートによる個別対応可能!

出典:グリエネ公式HP

「グリエネ」は今回オススメしているサイトの中でカスタマーサポートが充実している一括見積りサイトです。

一般的な一括見積りサイトでは、見積り依頼後に紹介のあった施工業者から連絡が入るような流れになりますが、グリエネの場合は見積り依頼後にカスタマーサポートとのやり取りがあるため、安心して施工業者を選択することができます。

また、最大5社までの見積り依頼ができるので、しっかりと設置費用を安く抑えることができます。

このような人にオススメ

  • いきなり施工業者とやり取りしたくない
  • 多くの施工業者を比較したい
  • サイトへの入力作業が面倒くさい

グリエネに関する【口コミ】

複数社見積もりとるなかで、レスポンスが一番早く、検討の際に基軸とできました。また、他社と同保証でありながら価格が抑えられた提案で納得できました。

一番は金額の安さですが、安いだけでなく、提案内容や専門知識の豊富さ、対応の素早さ、補償内容の手厚さ等、満足のいく点が多数ありました。

まず最初の問合せメールで耳障りの良い事ばかりでなく、リスクや注意点も併せて記載してくれました。担当者様の知識量も舌を巻くものがあり、よく勉強されていると感じました。そのため、他社でもっと条件の良い提案もあったが、担当者のお人柄、知識量、営業力に惹かれ契約を決意しました。

(口コミの引用元:グリエネ公式HP)

\ 最大5社から・電話対応も可能/

まとめ:みんなの後悔を活かして、太陽光発電で電気料金の値上げや災害に備えよう

太陽光発電は電気料金の値上がりや災害の発生件数が増加している昨今、再注目されている重要な住宅設備のひとつです。

ですが、最初の業者選定を適当にしてしまうと、設置に必要な初期費用が高額になったり、想定していたよりも発電量が少なかったりと、最終的な収支がマイナスになってしまう可能性があります。

太陽光発電設備で後悔や失敗しないためには、既に設備を導入した人の後悔ポイントを自分の家づくりに活かすのがオススメです。

「みんなの後悔」を家づくりに活かして、理想の家づくりに役立ててみてください。

後悔のない家づくりにする方法を知っていますか?

「家は3回建てないと理想の家にはならない」

本当にそうでしょうか?

工務店、土地、間取り、住宅設備などに関する後悔のどれもが、事前に知っていたら回避できたはずです。当サイトは「家づくりで後悔する人を減らしたい」というコンセプトの実現を目指して、日々情報を発信しています。

実際に自分が家を建ててみて、理想の家を手に入れるためには、何よりも情報収集が重要だと強く実感しました。

サク

当サイトを通じて、何かひとつでも皆様の家づくりに関する後悔がなくなれば、幸いです。

【当サイトオススメ】無料で利用できるサービスのご紹介

後悔のない家づくりにするために、無料で利用できるオススメのサービスを家づくりの工程ごとにまとめました。

ステップ①土地、工務店を検討中

【PR】タウンライフ

「家づくりって、何から始めればいいの?」

初めての家づくりで、具体的に何から手をつけたらいいのか分からないという方には「タウンライフ家づくり」という無料サービスがオススメです。

画像はタウンライフ公式HPより

ネットからたった3分で簡単に登録でき、土地探しや工務店・ハウスメーカー選びなどのサポートを無料で受けることができます。

タウンライフ家づくりでできること

  • 希望に合わせた間取りプランがもらえる
  • 見積りが複数社からもらえる
  • 土地探しに関する情報がもらえる
  • 一括請求で複数社からカタログがもらえる
  • 家づくり計画書がもらえる

タウンライフ家づくりは日本全国1,060社以上の厳選された住宅メーカーから比較できるので、どの地域にお住まいの方でも参考になる情報を得ることができます。

画像はタウンライフ公式HPより
サク

サービスを利用してみましたが、悪質な営業もなく、間取りの事例など有益な情報を得ることができましたよ。

オリジナルの間取り案を作成してくれるサービスも無料で活用できるので、家づくりの第一歩として、オススメのサービスです。

\ 完全無料・簡単登録/

ステップ②住宅ローンの借り入れ先を検討中

【PR】モゲチェック

「住宅ローンって、どこで借りるのがお得なの?」

工務店やハウスメーカーが決まったら、次は住宅ローンの借入先を検討しなければなりません。住宅ローンは借入額が大きいため、金利差によって支払う金額が数百万単位で違ってしまいます。

試しに住宅保証機構株式会社の住宅ローンシミュレーションにて4千万円の借入シミュレーションを行ってみた結果、金利が0.5%違うだけで総額380万円以上の差がありました。

画像は住宅保証機構株式会社公式HPより

安く住宅ローンを借りるためには、可能な限り多くの借入先を比較する必要があります。借入先の比較には20万人以上が利用したモゲチェックの提供しているモゲレコ®というサービスがオススメです。

画像はモゲチェック公式HPより

モゲレコ®なら、たった5分の登録で、複数の銀行を比較できるので、手間が少なく、効率的に安い借り入れ先を探すことができます。

モゲレコでできること

  • 複数の銀行を一括比較できる
  • 住宅ローンの審査申込ができる
  • 住宅ローンのプロに無料で質問・相談できる
画像はモゲチェック公式HPより

銀行の窓口に行くよりも、短時間で手間なく安い銀行を探すことができるので、オススメのサービスです。

\ 完全無料・登録わずか5分/

ステップ③間取りを検討中

後悔のない家づくりにするのは「他の人の家づくりに関する後悔を避けること」が大きな鍵になります。当サイトでは間取りや住宅設備ごとの家づくりに関する後悔情報を網羅的にまとめています。

ホーム画面から様々な家づくりに関する後悔情報を探すことができますので、ぜひ参考にしてみてください。

\ 有益な情報満載・簡単検索/

ステップ④火災保険を検討中

【PR】インズウェブ

「火災保険ってなんだかよく分からないし、比較するのがめんどくさい」

保険料は安く抑えたいけど、何社も比較するのはめんどくさいという方には、累計1000万人以上が利用した、保険の窓口インズウェブの運営する火災保険一括比較サービスがオススメです。

登録はネットからわずか3分で完了し、最大17社の保険を比較することができます。

画像はインズウェブ公式HPより

インズウェブの火災保険一括見積りサービスでできること

  • 複数の火災保険を一括比較できる
  • 地震保険についても一括比較できる
  • 保険のプロに無料で質問・相談できる

火災保険は同じような補償内容でも契約する商品によって数万円単位で差が生じる場合があります。損はしたくないけれど、自分で保険の窓口まで足を運ぶのは面倒という方にはオススメのサービスです。

\ 完全無料・登録わずか3分/

後悔ZEROの家づくり研究所
サイト運営者 サク
当サイトは【家づくりで後悔する人を減らしたい】という思いで、家づくりに関する後悔情報を中心に配信しています。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次