オススメの無料資料請求サイトBest3!

【FIX窓】新築にオススメの採用場所は?FIX窓の特徴とメリット&デメリット10選!

当サイトには広告を掲載しています。

このような方にオススメの記事です

・新築の窓選びで迷っている

・FIX窓のメリットやデメリットについて知りたい

・FIX窓ってどんな場所につけるの?

新築建築時に検討しないといけない「窓」

窓には多くの種類がありますが、中でもFIX窓は開け閉めできない窓として他の窓と設置目的が異なる部分があります。

この記事では、新築建築時に知っておきたいFIX窓の特徴やメリット・デメリット、オススメの採用場所やわが家の採用場所と感想について紹介いたします。

FIX窓を有効に活用することで、コストを抑えつつ快適な居住空間にすることができるので、ぜひ参考にしてみてください。

気になる内容をチェック

【PR】インズウェブ

「火災保険ってなんだかよく分からないし、比較するのがめんどくさい」

保険料は安く抑えたいけど、何社も比較するのはめんどくさいという方には、累計1000万人以上が利用した、保険の窓口インズウェブの運営する火災保険一括比較サービスがオススメです。

登録はネットからわずか3分で完了し、最大17社の保険を比較することができます。

画像はインズウェブ公式HPより

インズウェブの火災保険一括見積りサービスでできること

  • 複数の火災保険を一括比較できる
  • 地震保険についても一括比較できる
  • 保険のプロに無料で質問・相談できる

火災保険は同じような補償内容でも契約する商品によって数万円単位で差が生じる場合があります。損はしたくないけれど、自分で保険の窓口まで足を運ぶのは面倒という方にはオススメのサービスです。

\ 完全無料・登録わずか3分/

目次

FIX窓とは、開け閉めのできない窓のこと

画像はYKKapホームページ 窓の教科書より引用

FIXという言葉には「固定する」「取り付ける」といった意味があり、FIX窓は換気を目的としない開け閉めのできない窓のことのことを指します。

また、FIX窓は「はめ殺し窓」とも呼ばれ、採光目的以外にも、デザイン目的で採用されることもあります。

現在は丸型や台形型など様々な形状のFIX窓がメーカーから販売されており、店舗や一般住宅でも広く使用されています。

FIX窓の6つのメリット

FIX窓は開閉式の窓と比較した場合、構造上の違いから以下の6つのメリットがあります。

メリット①FIX窓は掃除が簡単

FIX窓は他の窓と比べると開閉するためのハンドルや網戸がありません。

そのため、窓まわりがスッキリしていて、掃除が簡単です。

窓1枚の掃除にかかる時間(室内側)を計測してみました。

その結果、縦すべり出し窓が3分31秒、FIX窓は25秒でしたので、FIX窓の方が8分の1の時間で掃除が完了できました。

サク

網戸があると、取り外しや掃除に時間が掛かってしまいます。

FIX窓を活用することで、窓掃除の負担を軽減することができます。

メリット②FIX窓の使用で気密性が高まる

FIX窓は開閉しない窓なので開閉に必要な部材がついていません。

そのため、他の開閉式の窓と比べ気密性に優れています

開閉式の窓にあるパッキン部分が、FIX窓には無いため、劣化による気密性の低下に関しても、開閉式の窓と比べると優れています。

メリット③FIX窓の使用で開放感を感じられる

FIX窓は開閉式の窓よりサッシの部分の面積が狭いので、ガラス面を大きくとることができます。

また、引き違い窓のように2枚の窓で構成する窓とは違い、FIX窓は1枚の窓で構成するため、同じ面積でも他の種類の窓よりも開放感を演出することができます。

サク

リビングや吹き抜けの窓などに採用すると、開放感を感じられます。

メリット④FIX窓の使用でデザイン性が向上する

FIX窓はサッシ部分が少ないので、外から見た時にスッキリとした外観となります。

そのため、採光以外にもデザイン性を向上させる目的で使用されることもあります。

例えば

  • 小さなFIX窓を規則的に配置する
  • 丸形のFIX窓設置する
  • 縦や横に細長いFIX窓を複数配置する

FIX窓を活用することで、殺風景な家の外観をアレンジすることができます。

メリット⑤FIX窓の使用でコストカットできる

FIX窓は構造がシンプルなため、同じサイズの窓と比べて、価格が2分の1から3分の1と安価です。

商品セット価格
(A+B)
窓価格
(A)
網戸価格
(B)

FIX窓
18,500円18,500円

たて
すべり出し窓
55,300円47,700円7,600円

片上げ下げ窓
58,800円50,900円7,900円

高所用
すべり出し窓
87,900円79,900円8,000円
画像はYKKap公式HPより引用

※高さ970幅405YKKAP エピソードⅡ積算発注設計資料カタログ価格で比較

窓1つあたりの差額は数万円でも、複数個になると大きな金額となります。

FIX窓に変更しても問題ないような場所がないか、ぜひ見直してみましょう。

サク

網戸が不要なので、張り替えの維持費がかからない点も魅力です。

メリット⑥FIX窓は戸締まり不要

FIX窓は開閉できない窓なので、うっかり鍵をかけ忘れるといった心配がいりません。

警視庁の発表データによると、空き巣の侵入口としては窓が最も多いそうです。

鍵を閉め忘れた窓からの侵入件数が、全体の2番目に多い侵入パターンとなっています。

HOME ALSOK研究所HPより引用

防犯性を高めるという観点からも、FIX窓の採用にはメリットがあります。

FIX窓の4つのデメリット

デメリット①換気ができない

FIX窓は開閉ができないため、換気ができません。

窓を決める段階で、「この窓は開閉することは絶対にない」と思っていても、いざ住み始めるとその想定が外れてしまうこともあるかもしれません。

サク

どの窓で換気するか検討してから採用するようにしましょう。

デメリット②窓の外側は室内から掃除できない

FIX窓は開閉できないため、窓の外側は室内から掃除できません。

2階にFIX窓を採用した場合、外側は掃除できなくなったり、屋根の上に登っての掃除するようになります。

周りに川や田んぼなどがあってコケが生えやすい等、窓が汚れやすいような場所の場合、注意が必要です。

デメリット③手の届かないところにつけると、掃除が大変になる

2階にあるFIX窓を下から見た様子

FIX窓を採光のために高い位置に設置するケースはよくありますが、手の届かないところにつけた窓は、掃除が一苦労です。

長い棒状の掃除用具を使って掃除するか、はしごなどを使って掃除する必要があります。

サク

後々のメンテナンスのことも考えて、採用を検討しましょう。

デメリット④大きなFIX窓は断熱性を低下させる

ガラス面を広くとることができるFIX窓ですが、大きすぎる窓は外気の影響を受けやすく、家の断熱性を低下させてしまいます。

一般社団法人日本建材・住宅設備産業協会の調査によると、室内の暑さの原因の約7割寒さの原因の約6割は窓にあると解説されています。

必要以上に窓の面積を大きくしすぎないことで、断熱性が高まりエアコン代などの光熱費を低く抑えることができます。

開放感や外観ばかりを意識して、FIX窓を広い面積に設置すると、断熱性能やコスト面に影響してくるので、慎重に検討するようにしましょう。

サク

窓自体は必要最低限にしておくのがオススメです。

FIX窓のオススメ採用場所

FIX窓の設置場所としてオススメなのは、換気の必要はないが、採光したい場所です。

例えば

  • 吹き抜けの上部の窓
  • 畳スペースの足元の窓
  • 玄関の小窓
  • トイレの窓(換気扇ありの場合)
  • 浴室の窓

FIX窓は開閉できない点が大きな特徴なので、他の方法で換気はできるが、明るい空間にしたい場所に採用を検討しましょう。

新築の窓に関する後悔については別記事で紹介しています↓↓

【完全保存版】よくある失敗は?新築窓の後悔ポイント16選!

実際にFIX窓を採用した場所についての解説

わが家が実際に採用した場所を紹介します。

  • リビングの一部の窓
  • 階段の吹き抜け上部

採用した場所①リビングの一部の窓

サク

リビングの2か所の窓に型板ガラスのFIX窓を採用しました。

意識したことは?

リビング全体として換気できる窓の配置になっているか。

サク

その上で、開閉する必要のない場所はFIX窓にしました。

3年以上住んでみて、どうだった?

他の窓で換気できるし、FIX窓は掃除しやすく、快適に過ごせています。

採用した場所②階段の吹き抜け上部

サク

階段の吹き抜け上部の窓に型板ガラスのFIX窓を採用しました。

意識したことは?

こちらは吹き抜けになっているので、「開閉することはない」と思い、FIX窓にしました。

サク

窓の向こう側に道があるので、外から室内が見えないように不透明なガラスにしました。

3年以上住んでみて、結果どうだった?

吹き抜けの上なので、手が届かなくて、掃除が少し大変でした。

サク

不透明なガラスにしたことで、外側の水アカが室内から見ても気にならないのは良かったです。

ここに窓がないと階段や廊下が暗くなるし、手が届かないのは仕方がないことかと納得しています。

まとめ:FIX窓は換気の必要はないが、採光したい場所に採用すると◎

住宅には採光や換気のために窓が不可欠ですが、窓には家の断熱性を低下させてしまうという面もあります。

新築の窓を計画する際にFIX窓を活用することで、気密性の向上、コストカットなど様々なメリットを活かし、快適な居住空間にすることができます。

換気の必要性について確認しつつ、最適な場所にFIX窓をぜひ採用してみてください。

新築の窓選びで失敗したくない方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

後悔のない家づくりにする方法を知っていますか?

「家は3回建てないと理想の家にはならない」

本当にそうでしょうか?

工務店、土地、間取り、住宅設備などに関する後悔のどれもが、事前に知っていたら回避できたはずです。当サイトは「家づくりで後悔する人を減らしたい」というコンセプトの実現を目指して、日々情報を発信しています。

実際に自分が家を建ててみて、理想の家を手に入れるためには、何よりも情報収集が重要だと強く実感しました。

サク

当サイトを通じて、何かひとつでも皆様の家づくりに関する後悔がなくなれば、幸いです。

【当サイトオススメ】無料で利用できるサービスのご紹介

後悔のない家づくりにするために、無料で利用できるオススメのサービスを家づくりの工程ごとにまとめました。

ステップ①土地、工務店を検討中

【PR】タウンライフ

「家づくりって、何から始めればいいの?」

初めての家づくりで、具体的に何から手をつけたらいいのか分からないという方には「タウンライフ家づくり」という無料サービスがオススメです。

画像はタウンライフ公式HPより

ネットからたった3分で簡単に登録でき、土地探しや工務店・ハウスメーカー選びなどのサポートを無料で受けることができます。

タウンライフ家づくりでできること

  • 希望に合わせた間取りプランがもらえる
  • 見積りが複数社からもらえる
  • 土地探しに関する情報がもらえる
  • 一括請求で複数社からカタログがもらえる
  • 家づくり計画書がもらえる

タウンライフ家づくりは日本全国1,060社以上の厳選された住宅メーカーから比較できるので、どの地域にお住まいの方でも参考になる情報を得ることができます。

画像はタウンライフ公式HPより
サク

サービスを利用してみましたが、悪質な営業もなく、間取りの事例など有益な情報を得ることができましたよ。

オリジナルの間取り案を作成してくれるサービスも無料で活用できるので、家づくりの第一歩として、オススメのサービスです。

\ 完全無料・簡単登録/

ステップ②住宅ローンの借り入れ先を検討中

【PR】モゲチェック

「住宅ローンって、どこで借りるのがお得なの?」

工務店やハウスメーカーが決まったら、次は住宅ローンの借入先を検討しなければなりません。住宅ローンは借入額が大きいため、金利差によって支払う金額が数百万単位で違ってしまいます。

試しに住宅保証機構株式会社の住宅ローンシミュレーションにて4千万円の借入シミュレーションを行ってみた結果、金利が0.5%違うだけで総額380万円以上の差がありました。

画像は住宅保証機構株式会社公式HPより

安く住宅ローンを借りるためには、可能な限り多くの借入先を比較する必要があります。借入先の比較には20万人以上が利用したモゲチェックの提供しているモゲレコ®というサービスがオススメです。

画像はモゲチェック公式HPより

モゲレコ®なら、たった5分の登録で、複数の銀行を比較できるので、手間が少なく、効率的に安い借り入れ先を探すことができます。

モゲレコでできること

  • 複数の銀行を一括比較できる
  • 住宅ローンの審査申込ができる
  • 住宅ローンのプロに無料で質問・相談できる
画像はモゲチェック公式HPより

銀行の窓口に行くよりも、短時間で手間なく安い銀行を探すことができるので、オススメのサービスです。

\ 完全無料・登録わずか5分/

ステップ③間取りを検討中

後悔のない家づくりにするのは「他の人の家づくりに関する後悔を避けること」が大きな鍵になります。当サイトでは間取りや住宅設備ごとの家づくりに関する後悔情報を網羅的にまとめています。

ホーム画面から様々な家づくりに関する後悔情報を探すことができますので、ぜひ参考にしてみてください。

\ 有益な情報満載・簡単検索/

ステップ④火災保険を検討中

【PR】インズウェブ

「火災保険ってなんだかよく分からないし、比較するのがめんどくさい」

保険料は安く抑えたいけど、何社も比較するのはめんどくさいという方には、累計1000万人以上が利用した、保険の窓口インズウェブの運営する火災保険一括比較サービスがオススメです。

登録はネットからわずか3分で完了し、最大17社の保険を比較することができます。

画像はインズウェブ公式HPより

インズウェブの火災保険一括見積りサービスでできること

  • 複数の火災保険を一括比較できる
  • 地震保険についても一括比較できる
  • 保険のプロに無料で質問・相談できる

火災保険は同じような補償内容でも契約する商品によって数万円単位で差が生じる場合があります。損はしたくないけれど、自分で保険の窓口まで足を運ぶのは面倒という方にはオススメのサービスです。

\ 完全無料・登録わずか3分/

後悔ZEROの家づくり研究所
サイト運営者 サク
当サイトは【家づくりで後悔する人を減らしたい】という思いで、家づくりに関する後悔情報を中心に配信しています。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次